No Future は、特になんも考えてないBlogです。

No Future Blog

TOPadminRSS

▲スポンサーサイト

--/--/ (--) --:-- | 編集
トップスポンサー広告今さらFF7AC

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲今さらFF7AC

01/09/ (月) 22:15 | 編集
トップ映画・DVD今さらFF7AC

今さらFF7AC  を見まして。FF7は自分がちゃんとエンディングまでプレーした、最後のFFシリーズ(8~10は未プレイ、11は1ヶ月だけ遊んだ)。ちょうどゲーム専門学校生だった頃でもあり、当時はサルの様にプレイしてたっけか。ラムゥのマテリアルを取り逃して、すっげー悔しい思いをした気が。

 で、去年の夏以降にFF7関連で大賑わいしていた頃、当時は「ふーん」と多少冷めた感じで見ていたのだけど、見終わった今となってはちょっぴりあの盛り上がりの中に入っときゃ良かったかなと思ったりした。うーむ。
 ゲームとしてのFF7は、まま楽しくて(映画「セブン」の影響を受けすぎだとは思うけど)満足はしていたのだけど、エンディングがいきなり500年後とか書かれていて、「おいおい、お得意の『その後は皆さんのご想像にお任せします』かよ!」とかちょっとキレ気味だったけど、今回は明示的に終わりを提示してくれてよかった。やりゃぁできんじゃねぇか。

 内容自体も小気味よいバトルシーンの連続で、スピード感があって楽しめた。ただ、個人的にはバトルシーンが多すぎて少し食傷気味な気がしないでもない。2割くらい減らして、その分最後の戦いの後の世界説明や、各キャラクター達のその後に触れてもよかったんじゃなかろうか。バケモンと戦う時、シドやユフィ達が出てくるのにちょっと唐突感があったのがな。演出面とストーリー面でちょっと損してる気がしないでもない。

 それでも、そういう実際の映画で気になる様なポイントの話が出来るようになったって事は、映像作品としてとてもクオリティが高い物になっている訳で、FF MOVIEとはえらい違いだよな。もとはゲームだったという点を、作品内に内包しつつも独自のカラーを出してる点は素晴らしい。良い作品だ。

 しかしまぁ、やっぱ主役クラスはみんな美形だよな、見事に。バレットはアレだけどさ
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。